スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

epson 廃インク吸収パット清掃




人気ブログランキングへ

前回廃インク吸収パットを洗浄し、インクを流すチューブを外科手術によって外部に出し、パットを交換しなくて良い仕様にした物を格好悪いから、元に戻すように指示を受け、再度、分解に挑戦。

分解スタート

まずは、背面の株のボディを外します。

次に、側面のボディを外します。

上のボディと下のボディを取り外します。まずは、ネジを回します。

これで、上のボディも、外せます。

あとは、下のカバーと、本体を剥がせば、下ボディに収納された廃インク吸収パットが出てきます。

あとは、チューブを戻して、順に組み立てて、動作を確認したら完了。
無事に、元に戻りました。
少し、動きが悪かったが、一本平べったいコードが抜けていたのが、原因でした。その辺の基盤は専門外なので、まったく分かりません。
分解組立も専門外ですが、自分しかやる人間がいないという問題の元の行動です。
ま、無事に動いたので成功です。
今回は、分解の過程を画像に納めました。前回のパットの画像を合わせれば、完璧な分解からパット清掃から組立までの手順画像付きが、出来そうですがもちろんやりません。
専門外なので笑




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。